受験生向け

受験に向けて自分の状態を知っておく

受験に向けて自分の状態を知っておく

大学受験にあたり、受験生が不安になるのは当然。受験生にもメンタルケアが必要です。

受験生がメンタルケアやメンタルトレーニングをするにあたり、外せないポイントがあります。

それは、勝つ局面にいるのか、這い上がる局面にいるのかを意識することです。

受験に向けて自分の状態を知っておく

【受験でメンタルが弱いと不安な受験生用】自信がつくトレーニング」で、不安力と楽観力についてお伝えしました。

あなたは、不安力が高いタイプですか?

それとも、楽観力が高いタイプですか?

 

不安力と楽観力のどちらが優勢かは、同じ人でも時期によってバランスが異なることもあります。

 

人によって、何かとうまくいくと感じる時期とそうでない時期もあるからです。

そこで、もう1つ質問です。

 

あなたは今、勝っているという感覚がありますか?

それとも、這い上がるイメージですか?

 

 

現役の高校生は、これから来年の受験に向けて、やる気に満ちていて、このまま合格に向かっていくイメージを持っているかもしれませんね。

これは勝つ局面と言えるかもしれません。

 

浪人生で、現役のときと、まったく違う状態と感じている方もいるでしょう。

今は心が折れている状態だとすれば、這い上がる局面かもしれません。

 

まずは、どちらの局面に自分がいるかを理解しておくことが大切です。

どちらの局面にいるかを把握する一つの目安は、「頑張る」という言葉を思い浮かべたときに、どのような感情が湧いてくるかです。

 

勝つ局面では「頑張れ」という言葉は励ましであり、素直に受け入れることができます。

その一方、這い上がる局面での「頑張れ」は重荷に感じます。

「これ以上どう頑張れというのか」と苦しくなるのです。

 

先ほど、今あなたが勝っている、這い上がっているのどちらのイメージでいるかを質問をしたのは、勝つ局面と這い上がる局面では、メンタルトレーニングの方法がまったく違うからです。

 

勝つ局面、這い上がる局面とは、どのようなことなのか、それぞれの局面で効果的なメンタルトレーニングについて、ご紹介します。

 

勝つ局面とは、どんな状態?前向きなときの受験勉強の注意

勝つ局面とは、前だけを見て一心不乱に進んでいる状態です。

 

最近、イメージトレーニングを活用するアスリートが増えています。

未来の輝く姿をイメージすることで、自分を信じる力が強化されます。

イメージトレーニングをしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

勝つ局面では、イメージトレーニングが有効に働きます。

また、勝つ局面では、結果に対して高い目標を設定することで、モチベーションが高まります。

上に上にと登っていこうとするエネルギーを活かしやすい時期です。

 

ただ、急にやりすぎないことに注意が必要です。

いきなりやり過ぎると途中で燃え尽きてしまう可能性があるので、受験に向けてのペース配分を考えながら、調整することも大事です。

 

這い上がる局面では、また別のことに注意する必要があります。

 

ただ「頑張る!」と気合いを入れて、精神論で頑張るには、無理があります。

這い上がるときに、どんなイメージを持って、何を大切にすればよいのでしょうか?

 

答えは、這い上がる局面でポイントとなる、あるキーワードです。

自然に前向きになれるイメージを持てると、諦めずに這い上がっていきやすくなります。

続きは以下のページでお読みいただけます。

URL: 自信がないときの受験勉強の注意 ―這い上がる局面とはどんな状態か? >>

記事を読むためのパスワードは、
「受験生と親のための受験メンタルトレーニング オンライン講座」を
お申込みいただいた方に配信するメルマガ内でご案内しております。

 

まずは無料のオンライン講座をご購読ください。

続きにご興味がある方は、無料のオンライン講座(メルマガ)をご購読ください。

無料オンライン講座(メルマガ)のお申し込みはこちらから ↓

受験生と親のための受験メンタルトレーニング無料オンライン講座 >>

検索

コメントを残す

*

CAPTCHA