親向け

受験に関するメンタルの悩みを解決する方法

受験に関するメンタルの悩みを解決する方法

「受験生なのに勉強に集中できていない」
「受験を控えた子どもにどんな言葉をかければよいかわからない。すぐに喧嘩になってしまう」
「試験だと緊張してミスをしてしまい、点数がとれない」

医系専門個別指導予備校で、受験生や保護者のお話をうかがうと、上のような悩みを持つ受験生や親御さんが大勢いらっしゃいます。

受験生の子どもを持つ親御さんの悩みや不安

受験は子どもだけの戦いではありません。

「親として子どもをどうサポートすればよいのか?」

こう悩んでいるたくさんの保護者にお会いしてきました。
受験を勝ち抜くには、子どもと親がいかにいいチームを作るかが大切です。

この記事の内容に興味を持っていただいている時点で、あなたのお子さんに対する「愛情」に自信を持ってください。

お子さんが受験で志望校に合格できるように何とかサポートしたいという純粋な気持ちをまず認めてあげましょう。

しかし、受験のサポートにおいて、この愛情が裏目に出てしまうことがあります。

愛情がある故に、言い過ぎてしまって反発を招いたり、心配で過度に干渉してしまったり、怒りすぎてしまったり。

自分が受験できないだけに、子どもよりも不安になってしまう保護者も多くいらっしゃいます。

受験生が持つメンタル面の悩みや不安

ひょっとしたらあなたのお子さんは、今試験で実力が出せず、自信を失っているかもしれません。

しかし絶対に大丈夫。お子さんは本来実力があるのです。
スラスラと解ける問題はありませんか。
試験で答えが次々に浮かんできたことがあるのではないでしょうか。

こうした経験がきっと一度はあるはずです。

一度でも出来れば、お子さんにはもともと力があるということ。
また再現できるようにトレーニングすればよいだけなのです。

全国各地で受験生向けのメンタルトレーニング講座を開催する中で、参加者の悩みをヒアリングしたところ、以下のような悩みを皆さんお持ちです。

  • 試験が近づくと寝られなくなる。
  • 試験になると緊張して、実力を出し切れない。
  • 苦手な科目ばかりで、まったく自信を持てない。
  • オンとオフの切り替えが下手。
  • 勉強に集中できない。
  • 自己肯定感が低く、できないのではという不安がいつもある。

悩んでいるのはあなただけではありません。

99%の受験生が、試験でいつも通りに問題を解くことができず、悩んでいます。

でも、大丈夫です。

何故なら、それは心が弱いということではなく、メンタル面のトレーニングを行っていないだけだからです。

心の課題についてトレーニングをしている受験生は、ほとんどいないのではないでしょうか?

習ったことを使った問題を解く練習をしなければ、問題が解けるようにはなりません。

 

受験に向けて問題演習を行うのと同じように、トレーニングしないければ、マインド面の課題は克服できないのです。

受験生の親子がメンタルトレーニングを知ると何が変わるのか?

「メンタルトレーニングを受けて何が変わるのですか?」という質問をよく受けます。

知識やテクニックを習得するのに比べて、心の変化は見えにくく、成長を実感しづらいからかもしれません。

しかし何かに本気で向き合ったとき、本当に行き詰まるところは、心です。

経験したことがある方も多いと思いますが、残念ながら、がむしゃらに頑張るだけでは突破できない壁があることが多いものです。

 

人は負のサイクルに入ると1人ではなかなか抜け出せず、結果を出そうとして努力すればするほど結果が出なくなるからです。

プロゴルファーの宮里藍選手もプロテニスプレーヤーの錦織圭選手も、幾度となく壁にぶつかり、メンタルトレーニングを取り入れることでスランプを突破し、輝かしい活躍を再び手に入れています。

次のような内容を身につけることで、メンタル面の悩みを解消することができます。

  1. 不安な自分を受け入れる
  2. 心のブレーキを外す
  3. 頑張る集中ではなく、リラックスした集中
  4. 完璧主義では力は出ない。10%の粘りを持つ

受験生を支えるときの基本的な心構えー親子でチーム受験

今、あなたはお子さんの受験に向けて、不安でいっぱいかもしれません。

医学部生向けの専門予備校で保護者の方と話をさせていただいていると、どの保護者もお子さんの受験やお子さんとのかかわりについてさまざまな悩みをお持ちです。

  • 子どもと口を交わすと喧嘩になってしまう。
  • 子どもが目を合わせてくれない。
  • どうすれば子どもがやる気になってくれるのか、わからない。
  • 父親と母親の教育方針が合わない。

親という立場で物事を考えると、どうしても子どもといっしょに焦ったり、不安になったりと、一喜一憂してしまいます。
これは親として普通のことなのですが、それを一歩超えていくにはどうしたらよいでしょうか。

一つ自信を持っていただきたいことがあります。
それは「お子さんへの愛」。

何とか子どもが希望する進路を歩んでほしい、親としてこどもの力になりたいという願いがあるからこそ、悩まれているのです。

これまでもお子さんを塾に入れる、ご自分で勉強をみるなどして、お子さんがよい人生を歩むことができるように、お子さんが幼い頃から一生懸命に様々な努力をしてこられたでしょう。

そして今、この文章を読んでくださっています。
もし、今はその愛情が上手く伝わっていなくても大丈夫です。
あなたが持っている愛は、お子さんの支えになっています。

「愛」を持つことは、他人が教えることはできない、しかし一番大切なポイントです。

ところが、愛情があるからお子さんのやる気を引き出せるかというと、そうではありません。そこが悩ましいところです。

受験をいっしょに戦っていくには、「親」という役割とは別に、今後は「コーチ」という役割を持つことを意識してください。

世の中にはコーチが大勢いますが、親として幼い頃からのお子さんを知っていて、生活面、精神面、経済面というあらゆる面でサポートするというのは、あなたにしかできないことです。

お子さんのメンタル面にも着目して、お子さんを支えようとされる親御さんは、なかなかいらっしゃいません。

これだけで、かけがえのないギフトといえますし、すでに他の受験生より頭1つ飛びぬけている状態でしょう。
あなたのお子さんは何とラッキーなのでしょうか。

これから受験生の親子がチームとして、よりよいメンタル状態で、より効率よく受験に向けて頑張り抜く方法について、お伝えしていきます。

できることから日々の生活に取り入れていってください。

さて、コーチとは、どんな役割を果たすものでしょうか?

親でいながらコーチとしての役割を果たすには、どのようにしたらよいでしょうか?

続きは以下のページでお読みいただけます。
受験生の親がコーチの視点を持つ ー コーチとはどんな人か? >>

記事を読むためのパスワードは、「受験生と親のためのメンタルトレーニングオンライン講座」をお申込みいただいた方に配信するメルマガ内でご案内しております。

続きにご興味がある方は、まず無料のオンライン講座(メルマガ)をご購読ください。

無料オンライン講座(メルマガ)のお申し込みはこちらから ↓

受験生と親のためのメンタルトレーニングオンライン講座 >>

検索

コメントを残す

*